別荘について述べます

別荘とは、普段生活をしている家とは別の家のことで、余暇の時に寒さを避けたり暑さを避けるために訪れたり、のんびりと余暇を楽しむためなどのために訪れたりするところのことです。普段生活している家とは別にもうひとつ家をもつことになるので、お金に余裕のある人にしか持つことができないものであるといえます。一般的に有名なのは一軒家タイプの、大きなものなどですが、最近ではマンションなどの集合住宅タイプのものもあります。
普段はそこを空けていることになるので、防犯対策や自然災害に対する備え、建物のケアなどが必要になってくるので、管理にも手間がかかります。そのため、自分が利用しているとき以外の時期は、貸出を行っている人もいます。そのようにすると、貸し出す料金も手に入れることができるので、商売にもなると考える人もいます。
別荘は、多くの場合、リゾート地や避暑地、避寒地などに建てられることが多いです。日本の中でも多く集まっている地域などがあり、それらの地域には夏休みや冬休みなどの余暇のシーズンには多くの人が集まります。都会の喧騒から逃れたいと考えて訪れる人も多く、そのような人たちは森などの都会の町並みから離れたところに建てていることが多いです。日本の中には、これらの建物を建てるために提供されているような土地もあり、そのようなところには密集しているともいえます。
海が好きな人は海の近くに、山が好きな人は山の中に、そのほかすきなものが近くにあるところに建てる人や、自分が好きな土地に建てる人がほとんどです。中には、お気に入りの国に建てる人もおり、お金がある人は、海外のリゾート地に豪華なものを所有している人もいます。
別荘は基本的にくつろぐためにあるものなので、建物の中も自分が生活しやすいように設計していることがほとんどで、家具などの内装品も自分の好みに合わせている人がほとんどです。風呂が好きな人は、大きなお風呂を完備していたり、サウナが好きな人はサウナを完備していることもあります。プールが好きな人はプールを作ってしまうこともあり、極楽な時間を過ごすことができるようにしているのです。設備を増やせば増やすほど、維持費はかかるので、自分の予算を考えて作る必要があります。また、建物を建てる際には、周りにの環境を考えて建物のつくりを決める必要があり、海の近くなどに建てる場合には錆びにくいようにするなどの対策が必要です。